トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  あばうと@ギター  >  新兵器購入!

--年--月--日 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我ら551 Street Bandを紹介してもらいました(^^♪ | トップページへ戻る | 第2回 南紀おやじバンドコンテスト でグランプリ獲得!!!

このページのトップに戻る

2008年12月21日 新兵器購入!

GT-10.jpg

南紀のコンテストから一週間、余韻さめやらずいつも以上に仕事になっていない私あばうと@ギターでございます。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、私、来年へ向けて個人的にさらなるバージョンアップ!!!と一人鼻息荒くし、喧嘩混じりでの交渉の結果、無事「嫁ハンローン」を締結することが出来てタイトルの通り、新兵器BOSSのマルチエフェクターGT-10を購入しましたー。

早速、本日、近所のスタジオへセッティングの為個人練習へ行ってきました。1時間ちょっともあれば楽勝かと思いきや、気がつけば3時間経過

従来のGTシリーズと比較して、プリアンプ部が改善され、よりリアルにギターアンプをシュミレートし、最先端のエフェクターを搭載。。。JC-120のリターン部分に接続しても、確かにフェンダーやマーシャル、VOXの真空管の音がする。。。すげー。。。
しかし、めちゃくちゃ選択肢があり、いじっているウチに、

あれ?
俺ってどんな音が好きなんやったっけ?
・・・・・・・・。

結論。。。。。。またスタジオに行ってきます。。。


スポンサーサイト

我ら551 Street Bandを紹介してもらいました(^^♪ | トップページへ戻る | 第2回 南紀おやじバンドコンテスト でグランプリ獲得!!!

このページのトップに戻る

コメント

ついに買いましたね。
BOSSにたどり着きましたか。

次はアンプですな。

僕はアンプ見に行って(Acoustic)
買う気満々になって・・・・


余りの重さに辞めました。
残念!(古ッ)

コメントの編集

色々試奏し、散々悩んで、僕の使い方に一番あっているコレを選択しますたi-229
音色によったらほんま「チューブアンプいらーず」ですぜi-179
歪もいい音しましたがクリーン~クランチがめちゃチューブっぽいのには関心しました。
レコーディングは「?」ですが、スタジオ、ライブではこのまま(JC-120のリターンへの接続)でも十分なポテンシャルはあると感じました。ま、僕のセッティング次第ではありますが。。。(^_^;)
が、頑張りまっす(^_^;)

Acousticっすか。。。いっとかないっとかなi-179
そのアンプ、一人でフリーピープルの階段は無理やわな(^_^;)

コメントの編集

BOSS GT-10いいなあー。僕もバージョンアップしたいなーと思う今日この頃です。これからLIVE等から考えるとVariaxがきっとメインになってくるので、中古のLINE6 PODXT がいいかなって思ってます。あまり触ったことはないですが、Variaxとの相性は良いですから。出来れば今もっているVariaxのBodyを変えてTelecasterにしたいのですがなかなか難しいですね。先立つものが。LINE6 PODXT はオークションでかなり低価格になってきましたので、来年LIVEまでには欲しいーなあ・・・・

コメントの編集

はい、GT-10、頑張って使えるようにしますー(^_^;)
LINE6のPOD XTっすかー。
僕もGT-10購入時にPOD(POD X3 LIVE)と比較しました。
PODシリーズもほんまええ音しますわー。ただ、X3は高いんですよねー(^_^;)

スタジオやライブで使用するならBOSSのGTと同じフロアタイプのPOD XT LIVE がいいと思いますぜー。中身はXTと同じらしいです。
XTはX3よりも若干リーズナブルですね。

http://www.line6.jp/podxtlive/
http://www1.ocn.ne.jp/~bttf/pod.html

コメントの編集

GT-5使っています

沖縄「ヤンバル・ヒート・オーケストラ」ギター一福亭Ⅱです。小生エレキギターを弾く際にエフェクターはボスGT-5を使っています。沢山の音色がありますが、本当に好きで使っているのが10種類程度です。クリーンの音が細く感じてしまいます。最近ではアンプ直のほうが気持ちいいくらいです。GT-10はだいぶ改善されているものでしょうか?

コメントの編集

一福亭Ⅱさん、日経おとなのバンド大賞決勝大会、お疲れ様でした。控え室で少しお話させてもらいましたよねv-411

ブログへのコメントありがとうございますーv-392
さてさて、GT-10の件ですが、僕はGT-3からの買い換えなので、そのあたりの比較を。

プリアンプ部がすごく改善(進歩)しているように思います。
いろんなタイプのアンプ(マーシャル、ブギー、フェンダー、VOX。。。)があるんですが、どれも「おおっ」って思うほど真空管アンプをシュミレート出来ていると感じます。
これは「歪み」「クリーン」「クランチ」のどれも共通して感じます。
「クリーンの音が細いかどうか?」については、「GT-3」と比較すると「改善されている」と思います。
チューブアンプ独特の「ファットなクリーン」を感じる事はできます。
しかし、そこはシュミレーター、本物にはかなわないと思いますが、スタジオ練習やライブでは十分実用の範囲と感じました。

このようにGT-10のプリアンプ部分は実用性十分なのでアンプ(JC-120)のリターン部分に接続して使用しています。

GT-10を使ってみて僕自身が感じるところをまとめてみました。
ご参考になりましたでしょうか?
僕自身、購入前にいろんなマルチを試奏しました。一度試奏される事をおすすめします。

僕自身もギターとアンプの間に余計なモノを挟まない「アンプ直」が基本と思っています。しかし、演奏している曲が「音色」「音量」の切替が必要であるので僕はマルチエフェクターを使用しています。

最近は昔流行ったコンパクトエフェクターも再流行し、充実してきていますよね。



コメントの編集

参考になります。

あばうと様、丁寧な説明ありがとうございました。最寄の楽器店は50キロ先なので気軽に試奏に行くことができません。助かりました。ギター弾きが自分のトーンを見つけるのは人生をかけた課題ですね。

コメントの編集

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。